2010年03月15日

なんとか見たいアド街ック…!!

tamab37.jpg

御嶽神楽の綱伐の絵を描いてみました。新しいパソコンが来て、何が嬉しいって、今まで神楽の絵を描く時、デジカメのちっちゃい液晶画面で写真を拡大したり縮小したりして見ながら描いていたのが、今はパソコンの大画面で写真を見ながら描けること…!(T_T) よおおおし、ばりばり描くぞ〜〜!! しかし、練習絵、ボツ絵が多いので、サイトに載せられる絵は相変わらずごくわずかになりそうですが…(^∀^;)ゞ

それはそうと、こないだのブログにも書きましたが、嬉しいことに、先週土曜日のテレビ東京系の「出没!アド街ック天国」の湯布院特集に、由布院温泉神楽の庄内神楽が取り上げられたそうで…! しかし無念すぎることに、うっかり見逃してしまった私…m(_ _;)m

なんとか見れないものかと、情報を集めてみたところ…地方のいくつかのテレ東系の局では、何週か遅れで放送しているらしい!! これを狙って行くしかない!!(≧∇≦)

しかし、全国ネットとはいえ限られた局でしか放送がなく…(肝心の大分でも放送してないし…!) 一番放送が早そうなのは2週間後の和歌山! 和歌山まで行って、携帯のワンセグで視聴&録画しようか…!? とも思いましたが、和歌山は遠かった…2時間かかるから、行けても帰ってこれん…m(_ _;)m

あとは、放送日がいまいちはっきりしないですが、滋賀と奈良でも1ヶ月か、もうちょっと遅れくらいで放送があるみたいなので、このあたり狙ってみるか…!?? しかし、ワンセグはうまく電波が入らないおそれがあるのがこわいところ…(^∀^;)ゞ

あと、広島で41日くらい遅れ、島根・鳥取では6ヵ月半ほど遅れ、熊本で84日遅れ、鹿児島で52日遅れなどなど…(ウィキペディア情報なので、正確ではないかも…4月の番組改正も影響してどうなるかわからないですが…) これらの地域にお住まいのみなさんで、神楽に興味があるみなさんはぜひぜひご覧になってみてください〜(^∀^)ノ そして、よかったら…どなたか録画して譲ってくださらないかな…なんて…(^∀^;)ゞ
posted by たまお at 13:27| Comment(5) | TrackBack(0) | 神楽

2010年03月13日

TVに庄内神楽!!(゜∀゜ノ)ノ

tamab35.JPG

庄内梨ワイン、神楽レポの中でもご紹介しましたが、おすすめです! 甘さほんのりすっきりおいしい〜(^∀^)ノ

=====

わ〜〜!! 急ぎ追記です! 今さっき神楽友達からのメールで知ったけど、今日の「出没!アド街ック天国」の湯布院特集で、由布院温泉神楽が出てたって…!!!(゜∀゜ノ)ノ ぎゃ――し、しまった見逃した――!!o(>_<)o

アド街ックの公式サイトにもちょっと載ってます!! 湯布院BEST30のうちの、なんと10位にランクイン! 庄内神楽の特徴や、過去に全国高等学校総合文化祭の郷土芸能部門で文部科学大臣賞を受賞した由布高校の郷土芸能部のことも紹介してくれてる! 嬉しい!!(T_T) 全国ネットでありがとうテレビ東京…!!(≧∇≦)

神楽友達によると、彼女も不意打ちであわてふためいて(笑)うろ覚えだそうなのですが、放送では、最初に「由布院温泉神楽〜月一の奉」の小野屋神楽座さんの映像(鹿児弓だったような大蛇退治だったような…)が流れ、そしてたぶん1月に由布院であったイベントの子供神楽の大蛇退治の映像、そしてお囃子、由布高校の全国大会のこと、由布高校の校内の神楽殿での練習風景とか、ジャージ姿でインタビューを受ける郷土芸能部部長さん…などなど、庄内神楽ファンにはかなり嬉しすぎる内容だったみたいで…!!(゜∀゜ノ)ノ

わ〜〜これはあきらめきれん…!! 再放送とか、なんとかして見れないものかな…!!o(>_<)o ←悪あがき

=====

さてさて、3月に入って、神楽シーズンまっさかりですね(≧∇≦)  いいな〜〜観に行きたい〜〜o(>_<)o 先週も、庄内神楽体験交流会などなど、すごい気になるイベント目白押しだったのですが、行けず残念…。3月の連休も、いい感じに神楽予定がつまってて、喜び勇んで出かけていきたいところなのですが…今のところ行ける見通しが立たなくて…m(_ _;)m

3月に入ったら、仕事の事情で休みが取れなくなることはわかってたのですが…最近、怒涛のように不測の事態が続いて、どうにも身動きがとれない現状に…。御嶽流神楽大会も行けるかどうかあやしくなってきました…ううう、これを逃すと一年後か…。って、いつもお世話になってる職場のピンチに、わがまま言ってる場合じゃない! 今は仕事がんばるしかない…! がんばろう!o(>_<)o

でも春のうちに、なんとかして最低1回は大分行きたい! 行かずに春が越せるか〜って感じですo(>_<)o いざとなったら、土曜日の仕事の後に大分に向かって、日曜日に神楽を観て、その日のうちか月曜朝に大阪に帰るとか…? …うーん、厳しいかな…(^∀^;)ゞ

カレンダーを眺めては「今日は○○で神楽だなぁ〜どうだったかな〜」と、思いを馳せるばかりの今日この頃です(^∀^;) そんな、神楽に飢えてる私に、みなさん、よかったら神楽の土産話などなどお聞かせくださいな〜(^人^)
posted by たまお at 19:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 神楽

2010年03月04日

雑誌に神楽記事&おおいたフェア後日談(?)

tamab34.JPG

わ――!! 長々とブログ書いてたら、猫に消された…!!(゜∀゜ノ)ノ キーボードに飛び乗ってくるにくい奴…き、気を取り直してもっかい書きますか…(_ _;)

歴史読本4月号に、神楽の特集記事が! 歴史好きの友達が教えてくれました(ありがとう!) 巻頭カラーページに、高千穂の夜神楽、石見神楽が写真つきで紹介されています。大分の神楽には触れられてなくて残念ですが、神楽がメディアに取り上げられることってなかなかないので嬉しい(o^∀^o)

ちなみに表紙の絵画は、日本神話の海幸・山幸の物語の絵。大分の神楽「貴見城」の題材でもある物語です。こないだおおいたフェアで貴見城観て来たところだから嬉しいな(o^∀^o)

おおいたフェア、楽しかったな〜!!(≧∇≦) 終わっちゃってさみしい…!(>_<) 久しぶりに間近で神楽を観ることができて、満足…と思ったら、よけい観たくなってきたよ〜〜!! これから春の神楽シーズンまっさかりだし、あ〜〜大分行きたい!o(>_<)o

ネットサーフィンしてたら、おおいたフェアの27日の様子が写真つきで京都新聞のサイトの記事に出ていました。来場者に大分の物産品を配る大分県知事…の後ろに、貴見城の衣装を身につけ並び立つ庄内子供神楽のみなさん…かっこいい! わ〜〜これは観に行きたかったかも〜〜!o(>_<)o

27日も、庄内子供神楽のみなさんも衣装だけ身につけて(舞はなし)大分PRに参加するっていう話は聞いていたんだけど、私は仕事があったので「舞が観れないなら、まぁ、いっか」と断念していたのでした。でも、舞わなくてもやっぱ絵になるなぁ…! かっこいい!(≧∇≦)

余談ですが、27日のことは前もってとある方にお聞きしてたのですが、何をどう間違えたのか、勘違いして、「大分県知事が神楽の衣装をつけて大分PR」と思い込んでいた私…(←26日に間違いに気づく) そ、そんなわけないじゃん!(゜∀゜;ノ)ノ 「それは別に見たくないな…」とか思ってた私の馬鹿!!(笑)

そんな私の馬鹿はさておき。おおいたフェアが終わって数日経ちますが、成果の程ははたしていかほどだったのか、気になるところ。って、そんなすぐに成果が出るものではないけど…(^∀^;)ゞ

 こういう観光PRイベントをより有効なものにするにはどうすればいいやら…とか、終わった後になって考えても遅いけど、いろいろ考えてしまう今日この頃です。

今回のものに限らず、去年の大阪での島根観光PRイベントや、いろんなイベント・お祭りなどなどを見てきたり、いろんな人の話を聞いて、それらをひっくるめて思うことなんだけど、こういう観光PRイベントって、うまくやらないと、なかなか成果を出すのが難しいものなんじゃないかなとうすうす感じてきました…(- -;)ゞ

一回観ただけで、次に繋げるのは、なかなか難しい…と思うところです。もともと関心がある人ならともかく、そうでない人には、一回観ただけでは、「あ〜おもしろかった〜」で終わってしまう人が大半なのが現実かな…と(^∀^;)ゞ

じゃあどうすれば…というところですが、神楽を舞ってるその場で、神楽を観て足を止めてくれた人に、さりげなくスタッフが観光案内のビラを配ってまわるとか…。今回、観光リーフレット類を来場者が自由に持ち帰れるように置いてはあったのですが、神楽会場とは離れた場所だったので、なかなか気付きにくかったのではないかと思われたり。

あと、神楽の舞い手さん自身が、自分達はこういう団体で、こういう活動をしています…ということを、自身の言葉で観客に挨拶するとか…。考えてみれば、今回の来場者の京都の方々は、大分の神楽というものを初めて観る方が大半で、神楽がいつどこで観れるのか、そもそも、大分では神楽が盛んに舞われていて、大分に行けばしょっちゅう誰でも観れる…ということからして知らないわけで…(^∀^;)ゞ 関西では「神楽を観る」っていう文化がないというか、大分や島根などのように神楽が日常にはないもので…。

って、またまた生意気言ってすみませんm(_ _;)m くどくど書いてますが、これらは全て、あくまで「欲を言えば…」という話です。今回のイベント、本当に素晴らしくて、短期間の準備期間でここまでのものを開催するのは大変だったと思いますし、本当に感謝しています。だからこそ余計に、もっとその良さをわかってもらえたらなぁ…もっともっと良くするにはどうしたらいいかな…ということを、おせっかい心でついつい考えてしまって…(^∀^;)ゞ

(追記)

すみません、またうっかり間違いが…(^∀^;)ゞ 歴史読本の表紙の絵画は、海幸彦・山幸彦の物語の絵ではなく、浦島太郎の物語の絵でした。それぞれ類似点が指摘される物語ではあるけど、全く別物なんですよね(^∀^;)ゞ お詫びして訂正いたします〜m(_ _;)m
posted by たまお at 17:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 神楽

2010年02月26日

ジャスコ京都洛南店おおいたフェアで庄内子供神楽

DSCF42870001.jpg

観てきましたよ〜!!(≧∇≦)も〜最高でした! 客席がめっちゃ舞い手さんに近くて目の前で観れて、すごい迫力!! 振り回す剣がこちらに当たりそうなほど鼻先すれすれに感じるんだけど、巧みにギリギリで当たらない上に、そんな間近でも手加減なしの全力の舞で勢いよく剣振り回し…圧巻! 見事としか言いようがない…!!かっこいい(≧∇≦)

今日に限ってあいにくの雨で、客足は鈍そうだったけど、ジャスコでお買い物中のみなさんも、響き渡るお囃子、異形の荒神達に、なんだなんだといった感じで注目、足を止めて、まじまじと真剣に見入ってくれていて、感激でした(T_T) 特に、激しく勇壮な補者の舞が注目を集めていたように感じました(私も補者の舞好きだからよけいそう感じたのかもですが)

も〜すごいよかった〜!!(≧∇≦) 一言では語りきれないので、また後ほど詳しくレポでも…。庄内子供神楽のみなさん、大分からはるばるありがとうございました(>人<)
posted by たまお at 23:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 神楽

2010年02月24日

あさって京都で庄内子供神楽(^∀^)

あ…あと2日―――!!(゜∀゜ノ)ノ 待ち遠しい!o(≧∇≦)o しかし心配なのは客足の方…。私もできる限りまわりに宣伝してるけれども、こういう時、人脈の乏しさや発信力のなさがもどかしい…!m(_ _;)m いや、でも、取り越し苦労かな…? あんまり心配すると逆に失礼ですか…すみませんm(_ _;)m

そして、あさってといえば、ただ今国民の注目ナンバーワン、バンクーバーオリンピックの女子フィギュア、フリーの日ではないですか…!(゜∀゜;ノ)ノ みなさん、フィギュアも気になるけど、ぜひ神楽にも足を運んでみてください…!(>人<)

フィギュアといえば、アイスダンスの日本代表、リード姉弟の、あの、日本の着物をモチーフにした衣装、素敵でしたね(o^∀^o) ちょっと普通着物を着用時にはありえないポーズ(ガニ股とか)に、目のやり場に困ったりもしましたけど(笑) でも、日本の美を素敵にアピールできてて素晴らしかったです。

神楽も、もっとこうクリエイティブな方向に活用されていくといいのになぁと、前々からすごく思うところなんですが…。フィギュアもだし、他にもいろいろなものに、取り入れていってくれるといいなぁ…クリエイターの方などが観たら、刺激を受けたり、何か感じるところがたくさんあるんじゃないかなぁと思います。

私も、もともと漫画や絵を描くのが好きで(ヘタだけど)、今現在の第二次神楽ブーム到来(第一次は高校生の時)のきっかけとなった、去年の4月の由布市全国神楽大会を観に行ったのは、初めは自分の芸の肥やしになるかな…というか、絵や漫画を描く参考資料になりそうだなぁと(ポーズや衣装などなど…)いう動機が大きかったのが、ミイラ取りがミイラに…じゃないけど(笑)、今や逆に神楽のとりこになってしまっているのでした。

そんなわけで、人の創造力をかきたてるものが神楽にはあると思うのですが、しかし、いかんせん知名度が低いし、地元の方々以外の目に触れる機会が極端に少ないのが難点…。

京都に庄内神楽が来るっていう話を職場でした時、パートさんの一人が、「有名な人が観に来てくれて、目に留まったりしたらいいね」って言ってくれたんですが、本当そう思う! なので宣伝活動に力入れたいところですが、己の無力さを感じるばかりです…宣伝って難しいですね…。

何はともあれ、理屈はともかく、たくさんの方に観に来て、楽しんで帰っていただけるといいなぁ…というわけで、くどいようですが、もいちど情報を掲載させていただきます〜(^∀^)ノ


■ 2月26日 おおいたフェア (京都府京都市) ■

 場所 : ジャスコ洛南店

 時間 : 14:30から30分(貴見城) 16:30から40分(国司)

 出演 : 庄内子供神楽


よろしくお願いします(^人^) あ〜早く観たい! 楽しみ!(≧∇≦)
posted by たまお at 11:45| Comment(5) | TrackBack(1) | 神楽

2010年02月23日

コメント返しやお知らせや…

tamab33.JPG

ネタがないので、描きかけの漫画のボツ原稿から…。神楽漫画…描き上げたいなぁと思いながら、チャレンジしたり、挫折したり、また描き直してみたり…で、ちっとも進みません。漫画って難しい…!(←単に根気がないとも言う)

そんなことはさておき…ホームページにもリンクをはらせていただきましたが、素敵なブログをひとつ、こちらでもご紹介させていただきます(^∀^)ノ

郷土芸能ぉ〜虎の穴

お祭り、神楽、獅子舞、羽(白)熊、棒術など、大分県豊後大野市の郷土芸能を中心に、紹介、応援されていて、大分の神楽ファンにはたまらないブログですよこれは!(≧∇≦) ぜひぜひおすすめです(o^∀^o)

そして、WEB拍手から、嬉しいコメントをいただきました! ありがとうございます(^人^) この場を借りてお返事を…

>2/23 3:27に拍手コメント下さった方

コメントありがとうございます〜!(^人^) 東京にお住まいで、今は大分に帰省中でいらっしゃるのですね。このサイトを神楽鑑賞のお役に立てていただけて嬉しいです。

大分は神楽が盛んですよ(o^∀^o) 興味がなかったら気付かずスルーというか、あまり触れる機会もなかったりもしますが(←私が子供の頃そうでした)、実は結構お祭りやイベントなどで、ことあるごとに神楽が舞われています。

「東京にいたときは、神楽というととても静かなイメージがあったのですが、帰省して長浜神楽を見たらとびはねていてとてもダイナミックで驚き、大ファンになりました」とのこと、私も、今現在、大阪に住んでいるのですが、全く同じような感想を持ちました! 神楽って、地域によって全然個性が違っててびっくりです。私も大分の神楽のダイナミックな舞が大好きです(o^∀^o)

お子さんに神楽を習わせてみたい…とのことで、素敵です! ぜひぜひ!(≧∇≦) 私ももし結婚して子どもが生まれたら(←全く予定なし)神楽させてみたいなぁ。私に似て恥ずかしがりやの子だったら無理かもですが(^∀^;)ゞ でも、大分に住んでないと難しかったりもするのかな?(- -;)ゞ

各神楽団体さん、常時楽員募集されているところが多いので、ぜひぜひ気になるところへアプローチされてみては? 少ないですが、ホームページやブログで情報発信されている神楽団体さんもあります。

インターネットで情報発信されているのは、私が知っている限りでは、大分市では、国分神楽、長浜神楽(長濱神楽)、馬場子供神楽、豊後大野市では、板井迫神明社神楽座、すずかけ神楽社、西ノ宮三重神楽社、松尾神楽、佐伯市では、宇目神楽保存会、杵築市では、山香神楽、竹田市では、禰疑野神楽…などなど…(敬称略ですみません。うちのホームページからリンクはりたいけど、勇気がなくてお声かけてなかったり…)

探せばもっとあるかもしれません。それと、ホームページはないですが、御嶽神楽さんも楽員募集のポスターを道の駅きよかわで見かけました(昨年10月末の話ですが) あ、あと、由布市の大分県立由布高等学校の郷土芸能部は、庄内神楽で有名で、一昨年は全国大会(全国高校総合文化祭郷土芸能部門)で最優秀賞を受けたくらい、高校の部活動の枠にはまらない見事な神楽を舞われます。

あ、そうそう、3/6に由布市庄内町で、庄内神楽体験交流会というのもあります。詳細は当ホームページの神楽カレンダーページに掲載していますので、ご参照ください。応募締め切りが2/26ですので、ご注意ください。

はっ、嬉しさのあまり、ついつい長々と…失礼しました〜(^∀^;)ゞ コメントありがとうございました(^人^)
posted by たまお at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽

2010年02月11日

春いちばん文化まつりつづきのつづき

というわけで、ちょっと間が開いちゃいましたが、またまた石見神楽・京都公演レポ続きです。またまただらだらと長いですが、ようやくこれで最後です(^∀^;)ゞ

「黒塚」、一軒の家に泊めてもらおうとした法印・剛力の愉快な山伏一行の前に、家の女主人が登場。美人!! 「これが京美人いうもんかいのう」 だから、京都じゃなくて那須野が原…(以下略)

女主人、法印に教えを請います。それに応える法印。ところが、呪文を唱えるような法印の説法を聞いているうちに、突然苦しみだす女主人! 一体どうしたというのか…剛力もそわそわ心配そう。変なこと言うから苦しんでるじゃないかと、法印を責める剛力ですが、あーはいはい、いいから黙って聞いとれ、と、法印に軽く追っ払われ…。ぶつくさ言いながら、客席に降りていって、ちゃっかり客席に座る剛力。隣や後ろの席の人にぶつくさぼやいてます。かわいい(笑)

正体を現わした女主人、恐ろしい妖狐の姿に!! 法印・剛力と妖狐との立ち合い…かっこいい!! 真面目に立ち向かう法印…の背中ごしに、化け物相手でもおかまいなし、ひやかしてみたり、おちょくってみたり、自由人な剛力…ちょ、アンタ、そんなこと言っちゃって大丈夫…!? 見ているこっちがヒヤヒヤ!(笑) 客席まで追っかけっこする剛力&妖狐! 妖狐、不思議な力で剛力を見えない糸であやつるように、くるくると転がす!! されるがままの剛力、ピンチ…!?

危なっかしくてトラブルメーカーだけど憎めない剛力…の、尻拭いは法印! 怒り猛る妖狐を、法力でなんとかやりこめます。さすが、法印! かっこいい!!

この辺から、観る方に集中しちゃって、メモが途切れちゃったので具体的なところは忘れてしまいましたが、鬼かっこよかった…!! 存在感抜群、二人の弓取りとの立ち合いもかっこよくて!! おお〜!! と、見入ってしまいました…!! 「美しく洗練されまくり かっこいい殺陣!」との走り書きメモが、当時の感動を物語ってます…

客席を縦横無尽駆けまわったり、台の上にのぼったり、アクションの幅が大きくてわくわくしますね〜! そして、いくらかっこよくてもそればかりでは肩が凝ってくるものですが、真面目くさった雰囲気をぶち壊してくれる剛力のおとぼけが一服の清涼剤になってて、硬軟とりまぜたバランスのよさが絶妙! 楽しかった!!

続いては、「恵比寿」! 今回の恵比寿は恵比寿様2人登場! アナウンスによると、たしか舞い手の2人は小学校5年生って言ったような…!? かわいい!

袖をたすきがけして、釣りを始めるのですが…1人の恵比寿様、袖が顔にひっかかって…前が見えないよ〜〜と、てんてこまい。かわいい…! 小学生とは思えない、この全く気後れのないアドリブっぷり、そして完璧な舞! 見事! 

そして飴まき! 客席の中まで走ってきて、あちこちでまいてくれます! わ〜こっちこっち〜!! ちょっとおとなしめな京都のお客さん達でしたが、かわいい恵比寿様が席のそばまで来てくれたら、みんな手をふって飴を請います。

かわいい恵比寿様の舞が終わると、次は「新日本武尊」!

弟橘姫から剣と守り袋を受け取り、東国征伐の旅に出る日本武尊と吉備武彦……ん? もしかして…やっぱり! 日本武尊と吉備武彦の舞い手さん、さっきの「黒塚」の法印と剛力のお二人! さっきの剛力さん、今度は真面目な役なので、当然、真面目に務めていらっしゃいます(笑) 演じる役によって雰囲気が全然違う、さすがですね…!

そんな日本武尊一行を討ち取ろうとたくらむ、賊のまぬけな下っ端(?)、兄ぎし&弟ぎしのコンビがまた、ふざけたおちゃめさん達で、かわいい…! 日本武尊一行と出くわした兄ぎし弟ぎし。日本武尊を見るや、「おお〜こりゃイケメンじゃ〜〜」と、べた褒めに褒めます。「いやいやいやそんな…」って感じで、テレ気味の日本武尊がかわいい(笑) しかし吉備武彦には…「こっちはどうじゃ?」「んー、こっちはダメじゃ」とばっさり。ひ、ひどい…(笑) そしてさんざん日本武尊を「イケメンじゃ〜こりゃイケメンじゃ〜」と持ち上げたあげく、「わしのがイケメンじゃがの」 ええ〜〜!?? やられた…最後の最後に持ってかれたよ…!!

しかも吉備武彦を「タケちゃん」呼ばわりしたり…この吉備武彦の適当な扱いっぷり…とことんいじられキャラ? かわいい(笑)

新日本武尊の殺陣は、幕の向こうに退いたり出てきたり、1対1の対決が入れ替わり立ち代わりでかっこいい! スタイリッシュ!! 見とれました…!

そしていよいよ最後の演目、「大蛇」…の前に、15分休憩。このスキに、もうちょっと前の方の席に移動できないかなと画策するも、途中で帰ったりする人は皆無で、結局同じ席に…(もっと早くに来ておくべきだった…)

さぁ、「大蛇」! …正直、あなどってました…。「大蛇」はもう何度も何度も観たし、正直なところちょっとお腹いっぱい、そうそう他の社中さんと大きな違いはないだろうと…。しかし…油断してたらしょっぱなからやられた!! 出だしの演出に鳥肌!!

幕が開いて…お囃しのみの、からっぽな舞台。と、雷鳴が轟く中、垂れ幕が上がり…その向こうから、こちらに向って、全力で駆ける姫、手なづち、足なづち、追い迫る5頭の大蛇!! おおおお〜〜!! 思わず鳥肌!! すごい! あっと驚くこの演出!! これ、アイデアはあっても高度な技術がなければ、なかなかできる技じゃないですよ…! さすが石見神楽、よどみの無い大蛇捌き、その連携が、このテンポの良さ、インパクト大の演出を可能にしてますね…! 本当すごい!

足なづち、手なづちの必死の抵抗もむなしく、大蛇の餌食となってしまう姫…。足なづち、手なづち、ちっちゃいなと思ったら…プログラム確認したら、さっきの恵比寿の小学生コンビじゃないですか!? すごい! すごい演技力です…おじいさんおばあさんにしか見えません…!

8頭の大蛇が登場して、お決まりの大蛇の連携フォーメーション(見せ場)も、スサノオと大蛇の格闘もかっこよかった…!

は〜〜おもしろかった〜!! かっこよかった〜!! あっという間の3時間でした! 周布青少年保存会さん、素晴らしかった…! 仕事もお休みになって、8時間バスに揺られて(笑)、京都まで来ていただいて感謝ですm(_ _)m また観に行きたいです(o^∀^o)
posted by たまお at 18:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 神楽

2010年02月06日

京都で庄内神楽!

や…やった…!! 嬉しいことに、今度の2月26日の金曜日、なんと京都に、大分県由布市の庄内神楽がやってくるとのこと!(≧∇≦)

ジャスコ洛南店「おおいたフェア」2月26日(金)14:30から30分、16:30から40分の公演です。出演は庄内子供神楽。これがまた大人顔負けの素晴らしい舞で、かっこいいやらかわいいやらで、めっちゃおすすめの団体さんなんです(o^∀^o)

「おおいたフェア」は、大分の物産販売など、26日〜28日まで開催するようなのですが、神楽は上記の日程のみで、演目はまだ未定みたいです。

取り急ぎご報告まで…! 平日なので、みなさん、なかなか都合上難しい方も多いと思いますが、ご都合のつく方はぜひ〜(^∀^)ノ 石見神楽は結構、関西にも来てくれるのですが、大分の神楽はこっちまで出張公演はめったにないので、これはかなり貴重なチャンスかと…(>人<) しかし、かく言う私、当日は仕事…!!(゜∀゜;ノ)ノ 休み…とれるかな…?m(_ _;)m

(追記)

26日、またまた同僚に頼み込んでなんとか仕事早退させていただけることに…(ひ〜すみません) や…やった〜〜!(>人<) 26日が楽しみです(≧∇≦)
posted by たまお at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 神楽

2010年02月02日

春いちばん文化まつりつづき

というわけで、レポ続きです。…しかし、あらためて当日のメモを見返してみたら、暗闇で書いたため、ぐちゃぐちゃで、自分でも何書いてるのかわからん…(_ _;) だらだらと長くて箇条書きのようなレポになりますが、ご了承くださいm(_ _)m

黒塚! 最高でした! 諸国を修行の旅をしている山伏・法印と、その弟子(?)剛力、この二人のとんちんかんな掛け合いが楽しくて…!(笑) 朗々と口上を述べる法印。せっかく真面目に口上を述べているのに、そこにくだけた調子で割り込んでぶちこわす剛力。

旅をして、ここ、那須野が原までやってきました…と、状況説明的な語りを法印が述べると、すかさず剛力、「ここは城陽市じゃがのう」 ぶちこわしだ――!! 思わず笑みがこぼれる客席(笑) 法印「…いや、設定っちゅうもんがあるけえのお」 気が抜けて、こちらも浜田弁で普通にしゃべり出します(浜田弁勉強不足で、ええかげんですみません…)

また法印も、二枚目でまともかと思いきや、ちょっととぼけたところがかわいい…! 剛力の出番の間、すみっこでじっとポーズを決めたまま待機していた法印。彫像のようにまじろぎもせず…かっこいい! そこに、いきなり剛力が目の前に飛び出してきたもんだから法印、「あーびっくりした」 剛力「びっくりした?」 法印「急に飛び出してくるからびっくりした。今、ちょっと寝とった(眠そうな声で)」 寝てたの――!? 剛力「寝とったんか」 法印「わしちょっと疲れとるのかもしれん。8時間バスに揺られてきて」 楽屋オチ――!!(笑)

それからそれから。今夜の宿を借りれる所を探して来るよう、法印に言いつけられて、しぶしぶ繰り出す剛力。一軒のお家に声をかけます。するとお家の人、「うちは宿屋じゃない」と断ります。しつこく食い下がる剛力に「ほれ、あそこはどうだ? この近くに『プラムイン城陽』っちゅうところがあったじゃろ」とお家の人。だからここは城陽市じゃなくて那須野が原だってば!(笑) たたみかけるご当地ネタに爆笑!

剛力、金がないからホテルは無理と、さらに頼み込みます。「金はここに来るバス代で使っちまった」と。…いや、だから…(以下略) と、お家の人、それなら仕方ないか…と、しぶしぶ了承。が、しかし、宿の人、「ただし、体で払ってもらおうかのう」 剛力「えっ」 ここんとこのちょっと引く剛力かわいい…!(笑) お家の人「いやいや、お前の体はどうでもいいんじゃが、仕事をしてもらおうかのう」

剛力、法印のところに戻って、事の成り行きを報告。泊めてくれると聞いて、法印「京都の人は優しいのお〜」 だから京都じゃなくて那須野が原…もうつっこむ気も起きません(笑) しかし、仕事せえと言われたと剛力に告げられて、法印「仕事せえっちゅうか。…さっき言うたのは嘘じゃ」 調子いい奴…!(笑) さらに法印「わしゃ〜今日、仕事休んで来たんじゃ…。それでも仕事せえちゅうんか…」 とほほな感じで、ぶつくさ言うのがかわいい…! ていうか、舞い手さん、仕事休んで来られてるんですね(笑)…お疲れさまです…!

この掛け合い漫才のようなやりとり! とぼけた間も絶妙で、もう、おかしいやらかわいいやら…たまりません! 石見神楽はこういうネタ、アドリブ要素を仕込むポイントがいっぱいあって、それがひとつの芸として完成されてて素晴らしいです。演じ手さんにしては、それがおもしろいところでもあり、難しい所でもあるんでしょうね。笑いのセンス、人それぞれの持ち味が問われますものね。

っと、なかなか書き終わりませんね…続きはまた後ほど…!
posted by たまお at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 神楽

2010年01月31日

石見神楽・京都城陽市公演(春いちばん文化まつり)

tamab22.jpg

行ってきました! 春いちばん文化まつりオープニングイベント、島根県浜田市の石見神楽周布青少年保存会のみなさんをお招きしての公演! すんごいよかった…!!(≧∇≦)

噂に聞いてた通り、周布青少年保存会さん、すごいです…!(゜∀゜ノ)ノ スキのない完成度にして、あっと驚く思い切った演出あり、かっこよさと笑い、硬軟とりまぜて演じられる魅力、その振り幅の広さ奥深さ…! それでいて、その名の通り、平均年齢がかなり若い…! なんでも幼稚園児・保育園児から大人まで35人のメンバーが所属とのこと。

残念ながら写真撮影不可だったので、文章のみですが、できるとこまでちょっとレポってみます。メモ取りながら観てましたが、手元が暗いし、観るのに夢中になると手が止まっちゃって網羅しきれませんでした(^∀^;)ゞ

tamab23.jpg

開演15分前に到着。会場の文化パルク城陽プラムホールは早くも満員です(結構大きいです。何人収容だろう…一般的な市民文化会館サイズ)

まず、開催者、応援に駆けつけた浜田市議、周布青少年保存会の会長さんのごあいさつ。なんでも3年前にも石見神楽をお招きして大蛇を披露されたそうな。

また、城陽市は金糸銀糸が有名だそうで、城陽市で作られた金糸銀糸が石見神楽の衣装を縫う材料となったり… というところでもつながりが深いそうです。あと、城陽市には島根県出身者も多いとのこと。祇園祭でも感じましたが、京都と島根ってつながりが深いんですね。

tamab25.jpg

終演後、会場ホールをうろうろしてたら、金糸銀糸の展示が。

tamab24.jpg

ごあいさつが終わって、いよいよ開幕! まずは「黒塚」!

法印、めっちゃかっこいい! 法印といえば、中高年なイメージだったので、若く二枚目な法印でびっくり。立ち姿も動作も美しく、とても華がある舞い手さんです。大江山の頼光様、綱といい、山伏スタイル、いいですね〜好きです。かっこいい!

そしておちゃらけ剛力かわいい! 顔の上半分を覆う面をつけています。どこまでも明るく、ふざけっぱなし、憎めない奴…! そして仕草がかわいくて…! 後ろ手に足を片足ずつお尻の高さまでぴょこぴょこ跳ね上げながらちょこまか動き回ったり…かわいい!

この二人、後に新日本武尊でも日本武尊と随身を演じてましたが、ゴールデンコンビですね…! 法印はまともに口上を述べてたかと思いきや、剛力があほなこと言う度、へにゃっと笑ってペースが崩れて浜田弁が出るのがかわいかったり(笑)

…と、半端ですが、長くなりそうなので、続きはまた後ほど…!
posted by たまお at 20:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 神楽

2010年01月24日

馬場子供神楽

たまにしか更新しないかと思ったら、今日はブログ二本立てです。またひとつ嬉しいことが! とある方の計らいで、大分県大分市の、馬場子供神楽さんの神楽をDVDに収録したものを観ることが出来まして…! 馬場子供神楽さん、初めて観ますが、すごくよかった…!(≧∇≦)

お囃子の力強く軽快な演奏、そろった舞の美しさ、勇壮さ…! 荒神も存在感抜群、迫力の舞で…! 馬場子供神楽さんのスサノオは、荒々しく勇ましく、本当に高天原で厄介者扱いされてた強くて手の付けられない乱暴者って感じがよく出てる!

神逐で、最後、とうとう力尽きて追放されてしまうスサノオが、後ろ手に縛り上げられる演出や、大蛇退治で、櫛稲田姫とスサノオがはじめに出会って見つめ合って、恋に落ちる瞬間(?)がかわいかったり…独自演出が素敵!

演出、ストーリー展開に、神楽で陥りがちな、冗漫になりがちなところをなるべくなくすよう、観客にわかりやすくテンポよく飽きさせない工夫が随所に見られて、素晴らしかったです。

舞、感情豊かな演技、衣装や立ち位置に至るまで…全てにおいて、どうすれば観る側に美しく見えるか、伝えたいことが伝わるか…ということをすごく意識して、妥協のない舞台を作り上げようとされてるのをひしひしと感じました。

ぜひ生でも観に行きたいなぁ(o^∀^o)
posted by たまお at 19:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 神楽

DMCと神楽

サイトの御嶽流夜神楽レポでもちょこっと紹介しましたが、御嶽神楽などなど神楽のさかんな大分県豊後大野市を(ちょこっと)舞台にした漫画、DMC(デトロイト・メタル・シティ)。その実写映画版が、昨日テレビ放送されていました。

劇場公開の時も観に行きましたが、下ネタや過激発言連発の内容なのに、テレビ大丈夫なの!? と思ったら、やっぱりかなり修正("ピ――"音)が入ってて笑いました(笑) 「えっこれもダメなの!?」と、過激な言葉に慣れてしまっている自分に気づいてみたり(^∀^;)ゞ 気をつけなくては…!

それはそうと、こないだネットで神楽情報を探していたら、昨年10月18日に、こんなすごいイベントがあったことを知りました…。なんと、黒松阿蘇神社で黒松神楽奉納と、DMCロケ地見学ツアー同日開催…というイベント!!

黒松阿蘇神神社は、DMCの映画のロケ地としても使われていた神社! すごい…!! ナイス企画!!(笑) まさかこんなイベントがあったとは…!(゜∀゜ノ)ノ かねてより、DMCに神楽と通じるものを感じていた私ですが、この企画に参加されたDMCファンは、どう感じたのか気になるところ…!(しかし私も開催を知らなかったくらいだから、一般DMCファンにもあまり周知されてなさそうな気も…?)

posted by たまお at 19:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 神楽

2010年01月21日

またまた大分行ってました(^∀^;)ゞ

tamab21.JPG

大分駅で発見、今年の御嶽流神楽大会のポスター!(≧∇≦) こ、これは行きたい…!!

というわけで、またまた大分に行ってきました。用件は前回同様親戚のことでなのですが、今回はなんと大阪〜大分を日帰りという強行プラン(゜∀゜;ノ)ノ やればできるもんですね…でも時間との戦いで、現地滞在時間2時間というシビアさでした(^∀^;)ゞ せっかく大分まで行ったのに、もっとゆっくりしたかったけど、仕方ない…(- -;)

posted by たまお at 15:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 神楽

2010年01月04日

あけましておめでとうございます

tamab15.JPG

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます! 心機一転、サイトのトップページもリニューアルしてみました。今年の年賀状用に描いたイラストなので、一応、年賀状がみなさまの手元に行き届いたかな…という頃合を見計らってから掲載の運びに。というわけで、微妙なタイミングでのリニューアルになりましたが…(^∀^;)ゞ 今年もよろしくお願いします(^人^)

年賀状のイラストを描くのに、あーだこーだ悩んで、かなり時間をとられてしまったので、レポの方が滞り…相変わらず遅い更新ですみませんm(_ _;)m でも、レポばかり描いて絵描きの手が止まるのも怖いし…。あんまり長いこと絵描きをサボってると、いざ描こうって時に、手が動かなくなってしまうんですよね(- -;)ゞ これは怖い…!(>_<) で、絵ばっか描いてると、今度はレポを描こうって時に、またエンジンがかからなくなったりして…(^∀^;)ゞ 何事もバランスよくやっていくことが大事ですね!o(>_<)o

tamab17.JPG

ところで今回の写真は、またまたNHKでやっていた「ふるさと一番!」から、江戸太神楽。初めて観ました! こないだの広島神楽といい、この番組、なかなか見逃せないです…!(≧∇≦)

江戸太神楽はまた、大分の舞踏的な神楽とも、島根・広島の演劇的な神楽とも全然違いますね…! 獅子舞や、傘の上での茶碗回しなど、曲芸的な技が見どころです。あ、あと、三味線など、お囃子の構成にも違いが見られました。

tamab16.JPG

江戸太神楽の「太」はもともと「代」であって、「神様に代わって楽しむ…」という意味合いなんだそうな。獅子が人型になり、幣と鈴を持って舞う「悪魔払い獅子の舞」など、独特…! また、結婚式に呼ばれて神楽を演じたりすることもあるようで、このあたりは全国共通?

短い時間内で、内容の濃い、興味深い番組でした! 毎回、生放送でうまくまとめているなぁと感心…! 観ていて、毎回「ちゃんと時間内に収まるの!?」とヒヤヒヤするのは私だけ?(笑) いつか、大分の神楽も取り上げてくれたら嬉しいなぁ(o^∀^o)

posted by たまお at 14:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 神楽

2009年12月20日

神楽用語

どうでもいいですが、神楽用語って、けっこう未整備というか…神楽について語ったりするときに、「○○を表わす言葉がないっ…!o(>_<;)o」という感じで困ることってけっこうありますよね(^∀^;)ゞ

例えば神楽団体さん(この表現も間に合わせ的すぎる…!)の呼称って、地方によってバラバラで、それらをまとめてひっくるめた総称ってないですよね。島根は"神楽社中"、広島は"神楽団"、福岡は"神楽講"、大分は"神楽座"とか、"神楽社"とか、そのまんま"○○神楽"とか…あと、"保存会"とか、"同好会"とか、とにかくたくさんあってバラバラ…!(>_<)

あ、いや、それも各地の独自性、文化として大事だし、味わい深くて好きなのですが、それらとは別に、全国の神楽をひっくるめた話をするときに、総称として中立的な(?)呼び方があれば便利だなぁと、つくづく思います。かといって、何かいい案が思いつくのかというと、アレですが…(^∀^;)ゞ

そして、それに伴って、神楽団体に所属する人…すなわち神楽の担い手の人々の呼称もまちまちですよね。社中員とか団員とか…。いくつかの神楽団体で使われているのを見かけたことがある"楽員"という呼称が、けっこう中立的な感じがするので、私も使わせてもらっていますが…。これも、よく考えたら正しい呼び名なのか自信がなく…(= =;)ゞ "楽員"で辞書を引くと、「楽団に属して演奏をする人。楽団員」(広辞苑)とあり…オーケストラとか、そっちの方のイメージ? 神楽の要、舞の要素が言葉から排されるような印象?(^∀^;)ゞ 個人的には、"楽員"って言葉はけっこうイメージに近くて好きなんですが…。

大分の某神楽団体さんのブログで、神楽をする人のことを"神楽し"って呼ぶ場面があって、はっとして、「"神楽士"? "神楽師"? 看護士とか仏師とかみたいに、特殊技能を持った人を表わす感じでいいなぁ」なんて思ったりしました。が、よく考えたら、この場合の"し"は、そういう"し"じゃなくて、大分弁で、"〜の人達"っていうのを言う時の"し"で、"若いし"(若い人達、若い衆)みたいに使う"し"かな?(^∀^;)ゞ

あ、"神楽衆"とかかっこいいかも? …そうでもないですか、すみません(^∀^;)ゞ (←否定される前に自分で謝る小心者) えーと…"運転手"とかみたいな感じで"神楽手"とか…建設会社などでよく見る"組"をつけて"神楽組"とか…。うーんいまいち…(_ _;)

あと、"保存会"とか"同好会"、"愛好会"っていう呼称、なんとなく消極的な印象がして(すみません)、実像とちょっとギャップを感じる場合が多いのは私だけ…? 保存っていうと、こう、現状維持というか、マイナスを出さない代わりにプラスも出さないみたいな…?(わかりにくい説明ですみません…) 実際は活発に意欲的に活動されている保存会さんが多いので、もったいないなと思ったり…(←余計なお世話ですね…すみません) "同好会"、"愛好会"は、言葉の響きから、どうも趣味の域を出ないような印象が…(すみません、あくまで言葉の印象としての話です)

じゃあ何か他にいい言葉はあるかなと、ぼんやり考えてみましたが…"神楽伝承会"とか、"神楽継承者会"とか…? うーん、なんか大仰な堅苦しい感じだなぁ…(= =;)ゞ 言葉って難しいですね…!(>_<) 今の呼び名よりいい呼び名が思いつかない…!(逆に、考えれば考えるほど、今の形が最善な気もしてくる…) 団体や人を表わす言葉って、他にどんなのがあるかな? うーん、考えれば考えるほど、奥が深い…!(>_<)
posted by たまお at 22:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 神楽

2009年12月07日

由布市全国神楽大会DVD

091206_2344~02.jpg

来たー!!(゜∀゜ノ)ノ待ちに待った、由布市全国神楽大会のDVD!(≧∇≦)注文していたのがやっと届いて、昨日は1日テレビの前で神楽三昧でした(o^∀^o)とても1日で見終わる内容ではないのですが(^∀^;)ゞ

ずっとロングで撮ってて、アップの映像がないのと、けっこう映像が不鮮明なのは残念ですが、全15時間近くの神楽大会全てを7巻セットで送料込み¥9800というのは良心的価格…!

泣く泣く途中退場して、見れなかった後半の演目も見れて感激(≧∇≦)かっこいい…!!生で見たかったな…!

おっと、そろそろ職場に着くので、とりあえずこの辺で…
posted by たまお at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽

2009年11月29日

島根旅楽しかった!

tamab13.JPG

旅〜旅の後のバタバタで、ちょっとご無沙汰しておりました(^∀^;)ゞ 島根旅、楽しかった…!(≧∇≦) 写真は宿泊した玉造温泉の、駅から徒歩10分くらいにある勾玉の伝承館入口のウェルカムまがたまうさぎ(勝手に命名) かわいい…!! うさぎとか、縁結びとか、勾玉とか、温泉とか…島根って、女子のツボを押さえたウリがいっぱいですよね…! そりゃあ、若い女の子の観光客が多いわけだ…!(私はもう若い女の子には含まれませんが…)

サイトにレポを載せるまでに時間がかかるだろうから、いち早くブログにちょっと写真を載せようかなと思っていましたが、他に素敵なブログのみなさんに素敵な写真や動画がいっぱいUPされていたので、そちらに甘えることにして(笑)、私はサイトのレポに専念しようと思います…! 忘れないうちにと、ノートに文章でひたすらメモをとっておりました(^∀^;)ゞ 大分旅のメモとも合わせて見るとすごい文章量に…。個人的なこともいっぱい書いてるから、全てがサイトのレポに載せる内容というわけではないですが、大分旅のメモでノートぎっしり20P分くらいあったかな…(島根旅はまだ増殖中)

それはさておき、私が行けないところでも、いろいろと魅力的な神楽イベントが次々開催されていた今日この頃。頼りになる神楽仲間のみなさまから、いくつかご報告いただきましたので、ちょっとご紹介しますね(o^∀^o)

福岡・築上町の「神楽・民俗芸能祭」では、庄内神楽は庄内原さんが日割、庄内子供神楽さんが国司だったみたいです。アンコールで庄内子供神楽が最後に貴見城も舞ってくれたみたい! アンコール!! いいな〜!!(≧∇≦)

そして、重岡岩戸神楽さんの東京公演! こちらも盛況のうちに幕を閉じたみたいで…よかった!(≧∇≦) 県外公演は、お客さんたちの反応が読めないですし、どうだったかな〜と、特に成り行きが気になってしまうんですよね…(^∀^;)ゞ 初めて観る方やあまり観たことのない方にも楽しんでいただけて、好きになっていただけたら、こんなに嬉しいことはないですよね(≧∇≦) 私も、日本石見神楽大会で、ますます石見神楽や広島の神楽が大好きになりましたよ(o^∀^o)
posted by たまお at 22:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 神楽

2009年11月22日

日本石見神楽大会楽しかった(≧∇≦)

日本石見神楽大会、めっちゃよかったです(≧∇≦)宿の時間の関係で、途中退場することになり、かなり無念ですが…プログラム進行が遅れたこともあって、松原神楽社中さんの途中でタイムリミットになるなんて…!(T_T)うう、まだまだ観たいところばかりで、後ろ髪引かれまくりでしたよ…(>_<)あと、夜の佐野神楽社中さんの奉納も観たかった…(大分からゲストで雲取さんも参加されるし!)

まあでも、土曜日に仕事の後で夜行バス乗って浜田にやって来て、今日もずっと座りっぱなしで神楽観てて…さすがに疲れました…体力的にはこのくらいで切り上げてちょうどよかったのかも…?(^∀^;)ゞ(←無理やりポジティブシンキング)

撮影禁止かと危ぶまれた写真も、撮影OKだったので、よかった!(≧∇≦)もう、存分に撮ってきましたとも…!しかし最初から飛ばしすぎたせいで、後半またデジカメのバッテリー切れに泣きました…(- -;)終盤は泣く泣く撮る枚数を抑え…(T_T)バッテリー切れてしまったので、ブログに写真載せられるのも、明日以降になりそうです…

しかし本当に見応えたっぷり、どの神楽も素晴らしくて、かっこよかったりおもしろかったり、最高でした!(≧∇≦)楽しみにしてた大分からのゲストの雲取神楽さんも、すっごいよくって…!!(≧∇≦)石見神楽では割と非の打ち所のないヒーローと思われるスサノオが、ちょっとお笑い担当というか、やんちゃで俺様で、いじられキャラな大分の神楽の演目「神逐」だったので、島根の方々にどう受け止められるのかな…と、ちょっとドキドキでしたが…大ウケで、場内笑いに包まれてました!(゜∀゜ノ)ノあったかい会場の空気で、楽員さん達もノリノリで…本当、最高でした!(≧∇≦)

まだまだネタはつきませんが…詳しいレポはまた後日サイトで…!
posted by たまお at 18:21| Comment(9) | TrackBack(0) | 神楽

日本石見神楽大会

091122_0809~01.jpg

島根県浜田市にやってきました!今から日本石見神楽大会です!楽しみ…!(≧∇≦)入場待ち中ですが、すごい行列です(゜∀゜;ノ)ノこの大会の人気がうかがえますね…!
posted by たまお at 08:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 神楽

2009年11月16日

庄内神楽カレンダー2010年版

tamab12.JPG

庄内神楽祭り会場で購入した、来年の庄内神楽カレンダー。来年もすっごくかっこよくて、早く使いたくてうずうずします…!(≧∇≦) 個人的に、平石神楽座さんの綱伐の写真がめっちゃかっこよくて好きです。他にも他にも、かっこいい写真、楽しい写真ばかりで…!(≧∇≦)

表紙は、神楽を舞う前に、着ける面に向かって手を合わせる舞い手さんです。いいですね…! 素晴らしい一瞬を切り取っていますね…!(≧∇≦) 余談ですが、この間のミステリアスライブの後に、ミステリアスライブの感想を書かれているブログはないかな…と、ネットサーフィンしてるときに、某ブログ記事で、これと同じようなことが書かれていて…。

そのブログ主さんは、日割の埴安の神が舞台そでで面を着ける前に、面に対して拝む姿を思いがけず目撃されて、「神楽はやっぱり神に対する神事なんだなぁ」と感じた…という記事で…。それを読んで、私も思わず感動して…! そんな記事を読んだ後だったので、このカレンダーの表紙の構図には感激でした!(o^∀^o)

そういえば、ミステリアスライブは、来年からはもうやらないのかな…? どうもちょっと趣向を変えたイベントになるみたい? イベントや神楽大会などでは時間制限があってなかなかフルバージョンで観れない神楽を、ノーカットバージョンで観れるイベントを来年はやるみたいです。

そうそう、ひとつおわびを…!(= =;) サイトの神楽カレンダーの、11/29の雲取神楽さんの公演情報、間違ってました…本当にすみませんm(_ _;)m 歳末たすけあいのチャリティーイベントではなく、正しくは密教三山会のチャリティーイベントでした。本当に申し訳ありません…今後気をつけます!(>_<)

そして、11/14にWEB拍手からコメントを下さった方、ありがとうございました(o^∀^o) ええ、大の神楽好きです!(笑)
posted by たまお at 21:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 神楽